専門家と経験者に聞く マンション投資で失敗しないためのメソッド/一棟

一棟マンション投資の失敗談

失敗談から学ぶ一棟マンション投資の鉄則

マンション投資において、一般的に、区分マンションよりも「一棟マンション投資のほうがリスクを低減できる」といわれます。

区分マンションだと入居者がいなくなれば家賃収入はゼロですが、一棟マンションだと数戸が空室になっても他に入居者がいれば家賃収入が得られます。つまり、「リスクを分散できる」ことが、一棟マンションのほうがよいといわれる理由です。

しかし、運用面で見ると一棟マンション投資のほうが難しくなります。
いくらリスクを分散できるといっても、空室の戸数が多ければ手持ち資金の持ち出し(損失)が増えますし、投資額は数千万円から億単位になることから、どうやって回収するかを常に検討していかなければなりません。

失敗した人の話を見ると、キャッシュフローの見誤りや、短期的な視点で物件を購入したことが失敗につながったというケースが多く見られます。これを防ぐには、長期的な視点を持って物件選びや方策を練っていくことが、とても大切なポイントとなるのです。

新築と中古とで、対策の立て方が異なる

区分にも言えることですが、同じ投資物件でも新築と中古とでは特徴が異なるため、注意すべきポイントも変わってきます。

新築一棟マンションの場合

新築の場合、入居率は比較的に高くて安定しており、想定した収益を得やすいというメリットがあります。家賃も高く設定できるため、スタートダッシュで稼げるという戦略も立てられるでしょう。しかし、あまり強気の家賃設定はリスクをともなうので注意。

また、価格が高いため利回りはそれほど高くないというデメリットはありますが、売却のタイミングによっては値崩れしにくいというのはメリットでしょう。

新築一棟マンション投資の失敗例はこちら

中古一棟マンションの場合

中古一棟マンションの魅力は、価格の安さと利回りの高さ。区分より高いものの、2,000万円代の中古一棟マンションも意外にあります。

とはいえ、価格と利回りばかりに注目して失敗したオーナーもいるので、注意が必要です。特に利回りは、今後想定される修繕費などの出費や入居率も十分に検討しましょう。

また、タイミングを見誤ると売却価格が大きく下がることもあります。出口戦略も慎重に。

中古一棟マンション投資の失敗例はこちら

マンション投資の専門家・高桑良充氏について

カイロスマーケティング株式会社 CEO高桑良充氏

カイロスマーケティング株式会社
CEO 高桑良充氏

賃貸仲介・管理業務、戸建てマンション販売業の企業に就職。その後、中小企業の財務戦略としての不動産活用法を提案する業務を他社で積んだ後に、自身が培ってきたBtoBにおける不動産活用のスキームを活用し、個人投資家の資産形成のサポートをするために、カイロスマーケティング株式会社を立ち上げた。

彼のモットーは、「顧客の望まない物件を提案する」事である。

公式HPを見てみる