専門家と経験者に聞く マンション投資で失敗しないためのメソッド/一棟/新築

新築

新築一棟マンション投資の失敗談

新築一棟マンション投資で失敗された方の体験談をみると、区分マンションと同じ感覚で運用したために失敗したというケースが目立ちます。

キャッシュフローの見誤りや、短期的な視点で物件を購入したことが失敗につながったというのが、典型的な例。区分より高額な一棟マンション、しかも新築であれば億単位になる物件もあります。これを回収するには、長期的な視野を持って戦略を立て、出口を見据えたうえで常に検討していかなければなりません。

区分マンションと同じ感覚で運用すると、失敗する可能性が高まるのです。

新築ならではの”ワナ”にも注意

日本人は、中古品よりも新品のほうが人気は高いといわれます。これはマンション投資にもいえることで、新築のほうが中古より人気があります。

例えば、間取りや設備など条件がまったく同じでも、家賃が高いのは新築のほうです。これに目を付けて、新築を選ぶ投資家もいますが、長期的な目線で考えなければ失敗につながる一因に。新築だと賃料は下がっていくうえ、節税効果もある時期を境に大きく目減りします。

こうしたリスクも、新築一棟マンション投資にはありますので注意が必要です。

それでは、新築一棟マンション投資で失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか。実際に投資をして失敗した人の”体験談”をもとに、これを回避するためのポイントも紹介します。

よくある新築一棟マンション投資の失敗事例

空室の多い状況からのスタート

新築物件は人気が高いとはいえ、空室が出ないわけではありません。なぜ空室が多いのか、その理由を探り対策をしていく必要があります。

空室リスクの軽減方法を見る

節税目的で始めた

「マンション投資は節税効果があります!」という営業トークの常套句。これに引きずられて失敗した方のケースを紹介します。

節税目的でなぜ失敗するのかを見る

騒音トラブル

一棟ものは入居者が多い分、騒音や悪臭など隣人トラブルの確率も高くなります。隣人トラブルを避けるには、どうすればよいか。そのポイントを解説します。

騒音トラブルの回避法を見る

賃料が一気に落ちた

新築ならではの「家賃引き下げリスク」。キャッシュフローを悪化させないためには、長期的な目線から対策を打っていくことが大切です。

賃料下落リスクの回避法を見る