専門家と経験者に聞く マンション投資で失敗しないためのメソッド/一棟/中古

中古

中古一棟マンション投資の失敗談

初めてマンション投資をされる方であれば、新築よりも中古のほうが始めやすいという話を聞いたことがありませんか?

中古一棟マンション投資の魅力といえば、「価格が安い」「利回りが高い」というのが挙げられます。また、内覧もできることや、実際に住んでいる方の属性などもわかることから、物件選びがしやすいというメリットもあるでしょう。

とはいえ、目先の利益だけを追って始めると、思わぬ失敗の罠にかかってしまうので注意が必要です。

中古とはいえ、一棟マンションだと数千万円の投資額が必要です。これを回収するには、中長期的な視野を持って戦略を立てていかなければなりません。

目先の利益だけで選ぶと返済計画が大きく狂うこともありますし、売却しても借金が残る可能性も中古の場合は高くなります。物件選びは、くれぐれも慎重に行いましょう。

利回りの見誤りに注意!

中古一棟マンション投資で注意すべき点として、”利回りのマジック”があります。

典型的な例ですが、表面利回りは10%でも管理費や修繕費を除くと、利回りは半分くらいに落ちる中古物件も意外と多いです。これは、築年数が長くなるほど修繕費がかさむことが理由に挙げられます。

また、常に満室であれば安定した収益は得られますが、中古の場合は退去者が増える可能性が高いことも注意点。たとえ利回り10%とうたっている物件でも、入居者が居なくなれば0%になるリスクも考えられます。

こうしたリスクを回避し、中古一棟マンション投資で失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか。その答えは、”体験談”に隠されています。

中古一棟マンション投資の具体的なケースをもとに、失敗を回避するポイントについて探っていきましょう。

よくある中古一棟マンション投資の失敗事例

利回り重視の中古郊外物件を購入

マンション投資で重要な要素のひとつが「利回り」です。儲けを増やすには、利回りの高い物件を選ぶことも大切。しかし、利回りばかり注視していると、とんでもない事態に…。

利回りに左右されない考え方を見る

競売物件を購入

価格の安さも、中古一棟マンション投資の魅力。なかでも安いのが「競売物件」です。しかし、安易に手を出すと思わぬ罠にかかることも。競売物件購入者の失敗談を紹介します。

競売物件の危険性を見る

大学が移転してしまった

安定した収益を得るには、あるターゲットに狙いを定め、ニーズの高い物件を選ぶことも一手でしょう。しかし、ターゲットをひとつに絞るのは、とてもリスキーな行為なのです。

>大学生狙いの危険性を見る

融資期間の長い物件を購入し、キャッシュフローが立たなかった

RCマンションのように、耐用年数の長いマンションを購入することで、ローンの支払額を下げるのも作戦のひとつです。しかし、注意しないと売却益がまったく出ない借金地獄に陥ることも。

>キャッシュフローの考え方を見る