専門家と経験者に聞く マンション投資で失敗しないためのメソッド/ワンルーム

ワンルーム(区分)マンション投資の失敗談

安易な考えで始めてはならない区分マンション投資

不動産投資の代名詞ともいえるのが、区分マンション投資(ワンルームマンション投資)です。一棟買いに比べれば、それほど高額な資金がなくても始められることから、20代~40代のサラリーマンや公務員を中心に人気のある投資商品といえるでしょう。

しかし、いくら始めやすいからといって安易に乗っかるのは危険です。よく、マンション投資会社の営業マンが説明する際の常套句に「マンション投資は節税になりますよ!」「年金代わりになるので、将来も安泰です」といった文言に惹かれて、興味本位で始めてしまうオーナーがいます。

そして、「全然儲からずに、マンションは手放した」という失敗談の声となって、耳に届きます。
区分マンション投資は、趣味ではなく「事業」であることを忘れてはいけません。

”常套句”には失敗リスクが詰まっている

確かに、マンション投資には節税効果がありますし、ローンの支払いが終われば家賃がそのまま収入となり”不労所得”を得られるといった魅力もあります。

一方で、節税効果が顕著に表れるのは新築物件を購入してから数年ほど。年月が過ぎれば、ほとんど効果がなくなります。それに、建物が老朽化してくると修繕費がかさみ「家賃がそのまま収入になる」ことはなくなります。

こうした負の部分は、特にワンルームマンションでは顕著に現れることから、長期的なキャッシュにはなりえない投資商品なのです。

それでは、区分マンション投資で失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか。そのヒントは、実際に投資をして失敗した人の”体験談”に隠されています。

ここでは、区分マンション投資における失敗談と、回避するためのアドバイスを紹介します。

よくあるワンルームマンション投資の失敗事例

営業マンの口車に乗ってしまった

「節税になりますよ!」「儲かります!」といった営業の言葉を鵜呑みにして、失敗するケースも。問題はどこにあるのか解説します。

営業マンの言葉を鵜呑みにした失敗事例を見てみる

退去費用が思った以上にかかる

入居者が退去すると、クリーニング費や新しい入居者を探すための広告費などがかかります。この費用が、意外とかかるので注意が必要です。

退去費用で利益が減ってしまった事例を見てみる

サブリース更新で大幅に利益が下がった

空室でも家賃保証をしてくれる「サブリース契約」。契約内容をよく読まないと大変なことに。契約の際に注視すべきポイントをまとめました。

サブリース契約の注意点を見てみる

売却益が出なかった

収益が出ないなど、何らかの理由で売却することもあるでしょう。理想の売却益を得るためのチェック事項も案内します。

売却益が出なかった事例を見てみる

マンション投資の専門家・高桑良充氏について

カイロスマーケティング株式会社 CEO高桑良充氏

カイロスマーケティング株式会社
CEO 高桑良充氏

賃貸仲介・管理業務、戸建てマンション販売業の企業に就職。その後、中小企業の財務戦略としての不動産活用法を提案する業務を他社で積んだ後に、自身が培ってきたBtoBにおける不動産活用のスキームを活用し、個人投資家の資産形成のサポートをするために、カイロスマーケティング株式会社を立ち上げた。

彼のモットーは、「顧客の望まない物件を提案する」事である。

公式HPを見てみる