専門家と経験者に聞く マンション投資で失敗しないためのメソッド/マンション投資学/東京オリンピック開催!マンション投資はどうすればいいのか?

東京オリンピック開催!マンション投資はどうすればいいのか?

2020年に開催される東京オリンピック。その影響はスポーツ界だけにとどまらず、不動産業界にも波及しています。

東京オリンピックが開催されることによって、不動産投資にどんな影響があるのでしょうか。マンション投資を考えている人は、不動産の価格が上がるのか、下がるのか気になっている人も多いはず。そこで、オリンピックが不動産投資に与える影響について解説します。

オリンピック開催で不動産の価格はどうなるか

オリンピック開催前までは、不動産の価格は上がると考えられています。オリンピックは、人や物の流通を活性化させ、ホテルをはじめとした施設やマンションなどの建物の増加、道路などインフラの整備が行われるためです。東京オリンピックでも同様の影響が出ており、東京を中心に地価の上昇が見られます。また、国内だけでなく海外の投資家からも人気が集まるので、不動産業界にも大きな影響を与えると言えるでしょう。

オリンピック後はどうなるのか

オリンピックの開催が決定して以降、東京を中心に不動産の価格は上向き状態です。しかし、東京オリンピック後にその価格が下がるという意見も多いです。

投資目的で建築されたマンションなどは、東京オリンピックが閉幕する前後から海外投資家のキャピタルゲインを考えた売り抜けが始まると予想されています。キャピタルゲインは保有している資産を購入した金額よりも高く売り、利益を得ることです。海外投資家にとって、オリンピックが終了すると人が減り、魅力が薄れていく市場になってしまうので、売却へシフトしていくと考えられています。

2020年は大きなポイント

オリンピック後に不動産価格が下がると考えられているのは「2020年問題」が背景にあります。「2020年問題」は2020年を境に、不動産だけでなく仕事や教育など、多岐にわたって大きな変化が起こるとされている問題です。

マンション投資に関わる問題としては、2020年以降、東京の人口が減少していくので、マンション需要も下がっていくと予測されています。オリンピックに合わせて建築されたマンションと合わせて、さらに空き家が増えてしまい、不動産価格が下がるという見方です。

2019年10月に予定されている消費税率の引き上げも、駆け込み需要を促すので、その反動による買い控えが2020年の不動産価格が下がる一因とされています。

オリンピック後、下がらないという意見もある

不動産の価格が下がらないという意見としては、オリンピックで整備された宿泊施設や商業施設などのインフラがあり、海外からの居住者・旅行者が増えるので、不動産価格は下がらないというものです。また、地方から東京へ移る人の数は大きく減少するわけではないと言われており、空き家の増加は問題視するほどではないという意見もあります。

不動産投資は景気だけで判断しない

もともと不動産投資は景気から大きな影響を受けにくいとされています。投資したマンションの価値が半分になったからと言って、家賃が半分になり、収益が激減するということはありません。オリンピックによって、一時的に下がるかもしれませんが、下がったら売るという安易な判断はしないようにしましょう。資産価値が上がるまで待つ、というのが不動産投資には大事な考え方です。

オリンピックに左右されない投資を意識しましょう

オリンピック後に不動産の価格がどうなるのかは、現在の状況や過去の事例を鑑みて予測はできます。しかし、断定することは難しく、正確なことは誰にもわからないというのが実情です。

不動産投資はオリンピックが開催される1、2年という短い期間ではなく5年10年ともっと長い目で考えなければなりません。同じ投資でも株のように上がったら買う、下がったら売るという考え方とは異なります。来年までタイミングを待ち、価格が下がり始めたら投資するよりも、投資する物件の価格が相場と比べて、今どうなっているのかで判断しましょう。不動産の価格よりも、その不動産で収益を上げられるかを見極めることが大切です。

カイロスマーケティングの
セミナーを受けてみる